どのくらいの視力から眼鏡はかけるべき?眼鏡が視力低下に繋がるのはホント?

様々な要因で視力は低下しますが、そのまま放置しておくと日常生活にも支障をきたしてしまう可能性も有るため、通常は矯正して見える状態にします。
一般的に利用されているのは眼鏡やコンタクトレンズで、それ以外にも手術を行ったりする方法で対応する事も可能です。

目は少々見えにくくなったとしても、見える方の目で補って物を見るので、最初はそれほど目が悪くなってきた事を感じないまま過ごす人も少なくありません。
また急劇に悪くなった場合は別ですが、多くの場合は徐々に視力が低下して行く為、その状態になれていると言う場合も多々あります。
その為、眼鏡を掛ける事無くそのまま放置してしまっていると言う人も実は少なくありません。
またまだ眼鏡がなくて生活できるから大丈夫と思っている人も居ます。

しかし実は視力が低下すると少し離れた場所の文字が見えなくなる事も有りますが、距離感がつかめなくなってしまう場合も有ります。
もちろん日常生活に支障をきたす事も有るので、必要に応じて眼鏡を利用する様にします。

眼鏡を使うかどうかの判断基準は?

一般的には視力が0,3から0.7の間の場合は必要な時にだ眼鏡を使う様にする方が良いと言われています。
例えば学生の場合であれば、学校で授業を受ける時は利用すると言った形です。
また社会人の場合は細かな作業をする時とか、パソコンを使う時、読書をする時や運転をする時等必要に応じて利用する方が良いとされます。
また0.3以下になった場合は、既にかなりぼやけた状態にしか見えていない場合も有るので、出来れば眼鏡を日常的に使った方が良いとされています。

ただあくまでも目安に過ぎず、実際には日常的にどれ位目を使うか、さらに見えない状態になってどれ位不便さを感じているか等でも変わってきます。
さらに大人と子供でも違い、子どもの場合0.6程度でも黒板が見えにくくなってしまう為、学校の視力検査でC判定が出たら眼鏡を利用する方が良いと言われる事も有る程です。

眼鏡で視力が落ちることってある?

とはいえ、視力が低下したらすぐに眼鏡としてしまうと、目がより悪くなると言ってなかなか眼鏡を使わない人も居ます。
しかし実はそうではなく、本当は眼鏡を掛けたからと言って視力が落ちる事は有りません。
もちろん、眼鏡を掛けたからと言って目に良くない生活を送ったり、目を酷使したりするとより悪化して行く場合はあります。
ただこれは眼鏡が原因となっているのではなく、実はその生活環境や目に対する負担・疲労等が関係しているのです。
したがって、矯正したとしてもしなかったとしても同じように視力は低下してしまう為、眼鏡が直接的な視力低下の原因となっている訳ではありません。

基本的には大体0.3から0.7の間位になったら眼鏡の利用を検討すると言う事になっていますが、まずは自分の目の状態を良く見てから如何するか判断する事も出来ます。
例えばと置くが見えづらくなった場合等は、まずは少し目を休めてみて、それでも見え方が変わらなかったら眼科に行って一度検査してもらうと言うのも良いでしょう。
人間の目の見え方と言うのはその人の目の状態、さらには疲労度やドライアイなどでも変わってきます。
また近くを見て作業をし続けていたり、スマートフォンをずっと使っている時等も、見え方に影響を及ぼしてしまう場合も有ります。
しかしそれは単に一時的な物であって、ずっとその状態が続かないと言う事も有ります。
特に目が疲れているから見えにくくなっていると言うのは、その疲れを取り除けばまた同じ様に良く見える場合も有るからです。

しかし疲労が蓄積している状態と言うのはやはり目にとっても大きな負担がかかっている状態と言えます。
見えにくいと感じることが増えた場合は、もしかしたら何か目にトラブルが起きているかもしれません。
ただなかなか自分では正しく判断することが出来ないので、まずは眼科に行って目の見え方がどうなっているかを検査してもらっても良いでしょう。
そして必要に応じて眼鏡を利用して見え方を調整する事も出来ます。

また子どもの場合はまだ成長期なので、刻一刻と状況が変わって行くと言っても過言ではありません。
見え方が少し悪くなったと思って放置しておくと、一気に視力が低下してしまう場合も有ります。
なるべく早く対処する方が目には良いので、斜めに物を見るようになったりしたら眼科に行って目の状態を見てもらいます。
そして必要に応じて矯正する事になります。
さらに子供の場合は見え方も大きく変わり、初めて眼鏡を利用する場合、大人の様にいつまででも利用しつづけることが出来る訳ではありません。
もちろん頻繁に買い替える必要はありませんが、大体2年位を目安にしてその時の目の状態に合っている物を買う様にしましょう。
そうすれば目に対して最も負担を掛けない状態で過ごすことができる為、今よりももっと見え方が悪くなって行ってしまうのを防ぐ事にも繋がるからです。
もちろん適宜検査する事によって、眼病等の発見にもつながるので、定期検査は必要です。